翡翠加工・流水 68-4 研磨完了

いつものようにペーパーで2000番までと、ダイヤセラミカの3000番で研磨しました。

所々に石目が入っていますが、ほとんど気にならないぐらいです。

何と言っても、白と黒、深緑の3色が織りなす流水模様がダイナミックで,

躍動感と力強さが伝わってきます。

気のせいか、獣形勾玉がパンダに見えてきました。

大きさは、獣形勾玉で30×18×10mm、一枚目写真の右方の大珠で57×18×8.5mmです。

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

勾玉 大珠 翡翠勾玉 大珠 翡翠

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

磨くと本当に表情が一変しますね。
模様の入る石はそれぞれ個性があるので、
同じ石で作られた勾玉でも複数コレクションしたくなりますね〜。
前作同様味わいがあって素晴らしい作品です。

春翠 :

ミエスケさん、こんにちは。

お褒めに与り恐縮です。
流水模様が思ったよりも作品に力強さを与えてくれました。
まだ原石の残りがあるので、これからどんな作品を作るのか
思案中です。
これからもよろしくお願いします。

コメントする

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031